東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談は東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せが困難な方には電話での相談
(平日9:00-17:00 03-6311-7598)に弁護士が適宜対応致します。
その際は、相談する事案内容と希望する解決内容及び質問事項を事前にまとめておいてから電話下さい。

不動産問題トップ --> 借家修繕費用

借家修繕費用

(質問)
アパートの大家をしていますが、入居者が家賃を滞納しています。
支払いを催促したところ、雨漏りをいつまでたっても直してくれないので、 家賃の支払いを止めたと主張されました。
雨漏り修理をするまで家賃の支払いは催促できないでしょうか。

(回答)
家賃滞納事案で、賃借人側からよくある抗弁として、 賃貸人が雨漏りを直さない、排水不良を放置している等々、賃貸人の修繕義務違反の主張があります。
確かに賃貸人には、賃貸物の使用・収益のため必要な修繕をする義務があり、 不履行に対し賃借人が自ら必要な修繕をした場合は、賃借人が当該費用を請求できます。
しかし、修繕義務の不履行により当然に賃貸人に損害賠償責任が生ずるものではなく、 賃借人がこれを理由として賃料支払を免れるものでもありません。
即ち、特段の事由が無い限り、上記の賃借人抗弁は認められません。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
東京シティー総合法律事務所は、相談者と共に事案を検討し、最適な解決方法を提案します。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com