東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談は東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せが困難な方には電話での相談
(平日9:00-17:00 03-6311-7598)に弁護士が適宜対応致します。
その際は、相談する事案内容と希望する解決内容及び質問事項を事前にまとめておいてから電話下さい。

不動産問題トップ --> 不法営業の不動産屋

不法営業

(質問)
知人がマンションに入居しましたが、その仲介不動産屋が無免許と思われます。
現実にその知人に何か損害が発生したわけではないですがが、不法営業だから、 警察に取り締まって欲しいと考えています。告訴できるでしょうか。

(回答)
被害発生していないなら不法営業の不動産屋、告訴ではなく告発になります。
検察・警察は受付けることとなっていますが、現実には告訴でさえ中々受付けてくれません。
正義感からエネルギーと時間をいとわないなら、無免許営業か役所に確認してから、告発してください。
ちなみに、仲介不動産会社が無免許であることをもって、 マンション賃貸借契約を無効にして家賃・敷金等を返還させられないかと考える方がいますが、
賃貸借契約の当事者は大家と賃借人ですから、 仲介不動産会社の事業形態が賃貸借契約の効果に直接影響することはありません。
仲介不動産会社が無免許であることで現実に被害が生じた場合は、
その態様により、損害賠償できたり賃貸借契約を解除できたりすることもあります。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
東京シティー総合法律事務所は、相談者と共に事案を検討し、最適な解決法を提案します。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com