東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談は東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せが困難な方には電話での相談
(平日9:00-17:00 03-6311-7598)に弁護士が適宜対応致します。
その際は、相談する事案内容と希望する解決内容及び質問事項を事前にまとめておいてから電話下さい。

不動産問題トップ --> 更新拒否で立ち退き料支払

更新拒否

(質問)
分譲型マンションを賃貸契約で借りていますが、先日、貸主から更新拒否通知が届きました。
拒否理由は、「売却のため」ということでした。
契約から1年半で、まだ1回の更新もしていない状況です。
貸主に、①敷金の全額返還 ②新居の礼金、仲介手数料の負担 ③引越代の負担 など、 転居で生じる実費の負担をお願いしたいのですが、この要求は認められますか。

(回答)
単に賃貸人による「売却のため」だけでは、契約解除や更新拒否の正当事由となりませんので、 質問者は転居の必要はありません。
一方、要求に従い転居するという場合、賃貸借期間が短く且つ賃貸人の要求で転居するという事情でも、 ①から③の請求の法的根拠とはなりません。
この場合は、賃貸借契約合意解除の交渉の中で、立退料として上記費用額を 請求することが通常と考えます。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
東京シティー総合法律事務所は、相談者と共に事案を検討し、最適な解決方法を提案します。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com