不動産問題TOP → 家賃滞納者の連帯保証人(1)

家屋賃貸借の連帯保証人

(質問1)
家屋賃貸借の連帯保証人となるよう賃借人から依頼されて名義を貸し、署名・押印を代行することを承諾しました。
ところが、賃借人が数年間の家賃を滞納した為、家賃支払を請求されました。
賃借人には、家賃が払えないなら賃貸借を解約するよう要求していますが、一向に解約しません。 その上、賃借人は滞納家賃の支払いにつき割増金支払その他の同意書を賃貸人と作成しています。 それでも、滞納家賃を支払わないといけないのでしょうか。

(回答1)
質問者が契約書に署名代行するのを承諾していたのであれば、契約書記載の通りの責任を負います。 即ち、滞納家賃の支払義務があります。
しかし、質問者の関知外で作成された同意者は、質問者に何ら義務を生ずるものではありませんので、 質問者の責任範囲は、あくまで署名・押印を承諾した当初の契約書の記載までです。
賃借人が、家賃不払いのまま賃貸借を解約しないなら、 保証契約の合意解除を条件に滞納家賃の一部返済をする等、貸主と交渉してはいかがでしょう。



(質問2)
家屋賃貸借の連帯保証人です。 賃借人は、家賃不払のまま更新時期となりましたが、 更新手続を取らず、更新料も払わないで行方不明となりました。
しかし、賃貸人は賃貸借を解除せず、私に不払家賃を請求してきました。
更新時期後の家賃も支払い義務があるのでしょうか?

(回答2)
更新手続をしていないので、法定更新となっていると思います。
そして、連帯保証人は、更新後も保証債務を負います。
そこで、更新後の不払家賃も支払う義務を負います。

初回相談無料、ご相談はこちらから

上記以外の法律相談も受けています。初回相談は無料です。

ご相談はこちら